成年後見制度は、介護保険制度とともに平成12年4月に施行されました。

 この成年後見制度は、認知症、知的障害、精神障害などの理由で、
判断能力の不十分な方々の権利を守り、保護し、支援する制度です。

 しかし、成年後見制度の利用者は、介護保険の利用者に比べて、
全国的にみても少ないのが現状です。

 
 特定非営利活動法人成年後見紀の国サポートセンターは、和歌山の地域で、

より多くの人達に利用していただこうと平成20年11月に設立しました。

 平成28年3月末で、2名の方の成年後見人、6名の方の保佐人を受任しています。
成年後見制度の活用、遺言、相続の諸問題などのご相談に応じていますので、
お気軽にご連絡ください。