小さめの花へふうせんかずら(風船葛)たなさんの庭花図鑑TOPへ

小さな白い花とねじれる蔓
むくろじ科.つる性1年草(熱帯では多年草).広く熱帯に産し、南米に自生.
茎には縦の溝があり、葉は長さ5〜15センチの2回3出複葉、卵状披針形で先はとがり、縁に粗い鋸歯がある.
葉腋から長い花柄がのび、白い小さな4弁花が咲く.花柄の下部に2本の巻ひげを対生.
果実は直径約3センチの三稜球形状.
黒い種子の上にある白色の組織がハート形をしているので、属名Cardiospermumは「心臓」と「種子」の合成語.

風船(実)が大きくなった頃
 <ひとこと>
3メートル位伸びるつる植物で、朝顔のように伸びていく蔓と、紙風船形の果実が目を楽しませてくれる.
実を押して割る時、ポンと音がするので子供が喜ぶ.
花は米粒位でごく小さいが、純白の4弁の花弁が6弁に見え、拡大して見ると蕊の黄色も可愛い.
蔓の絡まり方が面白く、種のパンダ模様もよく見ると、白いハート形になっている.猿の顔に似ていると云う人もいる.10月にはいると殆んどの実は茶色くなる.  (撮影時期:'02.7/11〜8/5、'03.7/15)
.
花と蕾と、初期の果実
花の更なるアップ
目の様な鼻の穴の様な中心部

色付いた果実

ハート形した種
 

たなさんの花のホームページ