花の仕組へ千日紅(千日草)庭花の観察記録TOPへ
百日紅 百日草 を見る
白とベージュと紅色のボンボンが並ぶ
ひゆ科.一年草.熱帯アメリカ原産.
茎、葉とも粗毛を生じる.葉は長さ5〜10センチの楕円形で対生、全縁.
長い花茎の先端に小花を密生した直径約2センチの球状の頭状花序を付ける.
花には5枚の花被片があり、花被片は直立し、離生するか基部で合生する.雄しべは5本、花糸は全長にわたって合着し長い筒状になっている.紫紅色で、白色のものもある.
高さ約50センチ位.
.
ベージュの花と、2頭花(右)
 <ひとこと> ピンクや白の丸い花だと思われることが多いが、よく見ないと、小さな(米粒の半分位の)小粋な花を見逃す.花は拡大して見ると、黄色や白の綺麗な小花が密生しているのがわかる.
夏から晩秋まで紅色の花が永くもつところからついた名前.後半は頭部が伸びて円筒形になる. よく似た名前の百日紅は、さるすべりの木.
  (撮影時期: '02.7/4〜9/14、'03/8、'07/9、'08/9、'10/8)

名前にある「紅」色の花群
..
花を拡大して見ると、極く小さい白や黄色の花が円形状に並んでいる

極く小さい花の拡大

花の後半は頭部が伸る

<参考>花の先が白い花
 

たなさんの花のホームページTOPへ戻る