その他秋冬の花へミューレンベッキア(ワイヤープラント)庭花の観察記録TOPへ

針金状の蔓がよく伸びて分枝する
(ハンキング仕立て)
たで科.つる性低木.
ニュージーランド原産.
ねじれ気味の針金状の茎を持つ.
花は緑がかった黄色で単生または数個集まって咲く.花筒は多肉質で蝋白色.葉は長さ1〜2センチの長方形またはバイオリン状. 高さ10p前後.

  ( ↓ 花と蕾のアップ )

丸みを帯びた肉質の葉が綺麗
...
 
 <ひとこと>
英名はメイドゥンヘアバイン(maiden hair vine:乙女の髪の蔓)、あるいはワイヤーバイン(針金の蔓).
よく伸びる針金状の蔓の様子からワイヤープランツ、ワイヤーフラワーとも呼ばれる.ムエレンベッキアの表記もある.
寒さにも強く、蔓がよく伸びて分枝し綺麗な葉が茂るので、鉢植えのほか、寄植えやハンギング、グラウンドカバーによい.
花のサイズはマッチ棒の頭くらいで小さく6月頃に咲く.
 (撮影時期:'03.4/4〜8/23、'04.4/6〜7/7、'06/6)

鉢植えにしたもの
 

たなさんの花のホームページTOPへ戻る